健康的に体を引き締めようースポーツクラブ特集

LINE UP

トップ > スポーツクラブの豆知識 > スポーツでケガをしないための準備と習慣

スポーツでケガをしないための準備と習慣

スポーツでのケガには外的要因と内的要因に分かれます。

外的要因は、転倒、衝突、落下、摩擦など自分以外のものが関与しているものです。

内的要因は、筋肉の断裂や炎症、引き攣りなど体内に原因があるものです。

どちらのケガも準備や注意することで発生する確率を低下させることができます。

ただし、内的要因についてはある程度の期間が必要になります。

つまり、良い習慣が必要です。

体に有益なことを習慣づけることでケガにつながる要因を減らすことができます。

効果が現れるまでに時間がかかることやケガをしないという曖昧な効果しかないことで実感がわかないためなかなか継続するのは難しいとされています。

ケガの防止を考えると、ことなきことが良いと理解して諦めずに続ける強い心も必要です。

外的要因は可動範囲の調整と周囲の注意で防止スポーツは、正しく行っていす間はケガをすることはありません。
周りが見えなくなって制御できない時に発生します。

まずは自分の体の動きが適当か確認します。
それぞれのスポーツを行うにあたり、動かすべき動作があります。

その正しい動作を行える程度に体をほぐしておく必要があります。
そのためには準備運動が大事です。

正しい動作が行えないと避けたはずの相手と接触したり、止まれるはずのところで滑ってしまったりと予想外の事態に陥ります。

今の自分はここまでなら動かせると理解することが重要です。
そのため、決まった準備運動をゆっくりと時間をかけて行います。

準備運動は体のためでもあり、心を落ち着かせる効果もあります。
しっかりとした準備運動を行えば、リスクを回避することができます。

内的要因は生活習慣の改善で防止筋肉や筋は日頃食べている食事から成り立っています。

スポーツをする時にしっかりと動かすためには、筋肉が正しい状態にあることが重要です。

体は主にタンパク質によってできています。

そのタンパク質は、20種類のアミノ酸からできています。

このアミノ酸のうち「蓄積型アミノ酸」がケガの防止に効果があるとされています。

「蓄積型アミノ酸」であるコラーゲンを摂取することで骨折からの回復が早まりました。

このようにアミノ酸の摂取によって筋肉や腱の質が変わってケガをしにくい体が出来上がります。

その他にもストレスを溜めないことや十分な睡眠をとることも良質な筋肉の生成には欠かせません。

生活習慣を改めて、ストレス発散し、代謝を活性化することでスポーツでケガの少ない生活になります。