健康的に体を引き締めようースポーツクラブ特集

LINE UP

トップ > スポーツクラブの豆知識 > スポーツ時のケガの原因をしっかり見ていきましょう

スポーツ時のケガの原因をしっかり見ていきましょう

競技を通しての仲間との交流や日常の健康維持、大会などで目標をもって取り組むことで大きな生きがいになるなど、スポーツには素晴らしいメリットがたくさんあります。
一方で、スポーツでケガをして競技を続けられなくなったり、日常生活に支障が出てしまうことがあることも事実。
例えば、最近はランニングが流行していますが、膝の故障によってランニングを続けられなくなったり、日常の歩行の際にも痛みを感じるようになってしまう方もたくさんいます。
ケガをしてしまうと、肉体面だけでなく精神面でもストレスが溜まってしまいます。
そうならないためにはスポーツによるケガの原因、そしてその予防策をしっかりと把握しておくことが大切です。
ここでは、最低限覚えておきたいスポーツ時のケガの原因とその予防策を紹介していきます。
ストレッチ不足によって起こるケガ最近では、ストレッチ(反動をつけずに行うストレッチ)にはけが予防の効果はないという話もよく聞きますが、すべてのストレッチが効果がないというわけではありません。
運動前には動的ストレッチ(ラジオ体操のような、反動をつけるストレッチ)は関節の可動域を広げ、筋肉を温める効果もあるのでけが予防に効果的です。
スポーツによるケガは筋肉が温まっていない状態で大きな荷重がかかることで特定の部位に大きな負荷がかかることが原因であることが多く、運動前の動的ストレッチはこのようなケガを予防することができます。
また、サッカーやバスケットボールなどのコンタクトスポーツでは相手との接触により意図せずに筋を伸ばすような動作が発生するので、身体を柔らかくする効果がある静的ストレッチを普段から行うことでケガを予防することができます。
身体に疲れが残っている状態でスポーツをすることで起こるケガ関節の痛みや筋肉痛を感じていない状態であっても、体全体にだるい疲れを感じる状態でスポーツを行うとケガが起こるリスクが高まります。
痛みを感じていなくても、実際には関節や筋肉は炎症を起こしている場合もあり、回復していない状態でさらにスポーツを行うと炎症が悪化、なかなか治らない状態となってしまいます。
また、身体に疲れが残っている状態では本来のボディバランスを保つことができず、身体の特定の部分に大きな負荷がかかり、その部位を故障してしまう原因になります。
したがって、身体に疲れが残っていると感じるときには、しっかりと休むか軽いジョギングなどの負荷の軽い運動をする、あるいは疲れを感じない部位(下半身にだけ疲れを感じるのであれば上半身)のトレーニングのみを行うようにするとケガ予防には効果的です。